本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
天安で半導体装置メーカーの「アドバンテストコリア」が稼動
作成日
2013.05.21
ヒット
208
제목 없음

ニューシースによると、

忠南天安地域で、地域経済の活性化を図るために推進した外資誘致が本格化しつつある。

天安市は16日午後、天安市西北区車岩洞第3産業一般産業団地で半導体試験装置の生産で世界シェア1位を占めている日本の「アドバンテストコリア(AdvantestKorea)」が竣工式を行い、本格的な稼動を開始することを明らかにした。

竣工式には忠南道のアン・ヒジョン道知事、天安市のソン・ムヨン市長、アドバンテスト(Advantest)の丸山会長、松野社長、アドバンテストコリアのハン・チョルヒ社長を始め、海外の関係企業及び関係者約200人が出席する予定。

アドバンテストは半導体業界の試験装置分野で世界シェア1位を誇る企業で、テスタ、ハンドラ、機械及びDI製品やソフトウェアなど、半導体試験に関するすべての製品が世界の半導体生産ラインに供給されている。

アドバンスドテストコリアは2012628日着工し、約1年間工事が行われた。日本本社で500億ウォンを投入し、第3産業団地の39,605㎡の敷地に地下1階、地上2階の規模で造成した。

アドバンテストコリアのハン・チョルヒ社長はこの日、天安サラン奨学財団及び天安文化財団に対し、優秀な人材の育成及び地域の文化発展のために使ってもらうため、それぞれ5千万ウォンずつ、計1億ウォンを天安市長に伝達する計画。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.05.16)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。