本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠南道、民選5期3年間の最大成果は「3農・行政の革新」
作成日
2013.06.27
ヒット
242
제목 없음

ニューシースによると、

忠南道は民選5期の3年間成し遂げた最大成果として、集中的に推進してきた3農の革新と行政革新を挙げた。

アン・ヒジョン知事が20日に道庁大会議室で行った民選53年間を決算する記者会見を通じ、「3農の革新と行政革新、地方分権など3大革新課題と経済、福祉、文化など道政のあらゆるところで成果が表れ始めている」と話した。

アン知事は、「民選5期の忠南道は共に豊かに暮らす農漁村共同体を構築するため、3農の革新を道政第一課題に選定し、環境にやさしい高品質の農産物生産、地域循環の食品体系構築、住み良い希望の街づくり、地域リーダーの育成、都・農交流の活性化などを5大戦略課題に設定し、30大重点事業に道政の力を注いできた」と強調した。

その結果、無農薬エコ農産物の栽培面積は2009年の2,981haから昨年は7,388haに2.5倍近く拡大し、住民が発議した支援条例による稲栽培農家の経営安定を図るための支援金は2011年に123千戸に198億ウォン、昨年は124千戸に294億ウォンが支給された。

昨年5月立ち上げた忠南米の代表ブランドの「清風明月ゴールド」は130ヵ所の大型店舗に入店して全国規模の販売網を構築しており、クリーン畜産農場は民選5期前の230ヵ所から1180ヵ所に大幅の増加を見せた。

アサリと干潟カキ、海苔、ナマコなど4大代表水産物の生産量も大幅増加しており、高所得林産物の山菜栽培は2011年に1401戸・5716トンから昨年は1789戸・6328トンに増加した。

道によると、農家所得は2009年に2900万ウォンから昨年は3300万ウォンに小幅上昇し、同期間で農家負債は2600万フォンから1900万ウォンに減少を見せた。また、農水産食品の輸出は41300万ドルから58400万ドルに41.4%の伸びを見せた。

農産物の需給安定と流通段階の簡素化を図るための地域循環食品体系の構築に関しては、地域学校に食材を一括供給する全国初の物流基地型学校給食支援センターを2012年の2ヵ所から今年まで6ヵ所に拡大する。

住み良い希望の街づくり事業の一環として推進している街発展計画の策定及びリーダー育成は、昨年の258街・516人から来年は758街・1516人に増える見通し。

地域リーダーを育成するための3農革新大学には15種のコースに1890人が参加し、都・農交流の活性化による農漁村体験村の訪問客は2011年に827千人から昨年は121万人に大きく増加した。

道は民選5期の発足とともに、行政の革新を打ち出した。

仕事ができる透明な地方政府に生まれ変わるため、官民の政策協力体系(ガバナンス)の拡大、道政指標の開発・管理、職務成果評価制度の導入と読書大学、革新大学の運営など自己主導型行政文化の造成、行政情報の100%公開システム構築、業務の融・複合を通じた行政効率の向上、民願及び行政情報システムの高度化などを推進してきた。

特に、今月17日に本格的なサービスが開始された「情報公開システム」の財政公開は、道の財政状況がリアルタイムで100%公開される点で行政革新の代表例として挙げられる。

財政公開コーナーでは、予算の内訳と総輸入額、総支出額、預金種類別残高、歳入徴収状況、歳出予算状況などを確認することができる。

地方分権に関しては特別委員会を構成し、全国市道知事協議会内に地方分権特別委員会の設置を主導し、圏域別巡回討論会とトークコンサートも行っている。

民選5期に入って忠南道が仕事ができる地方政府を目指してきた努力は、最近公開された韓国マニフェスト実践本部の公約履行評価でもわかると説明した。

忠南道は今回の評価で大田、釜山、光州、慶北とともにSA等級を受けており、公約履行完了と住民疎通、ウェブ疎通、年次別目標達成度など4つの分野のうち3つでSAを獲得した広域自治体は忠南道が唯一。

道は公約履行完了分野で56.6点を獲得し、SA等級を受けたことを自賛した。

これは公約の推進状況に対する周期的な点検を通じて履行を促すなど、道政の力を道知事の公約履行に集中した結果だと自評した。

道は国内外から企業投資を誘致する際、社会的責任の遂行、地域住民の優先雇用、雇用創出などの条件を付けてきた。

そのため、誘致企業数が2009年の817社から昨年は596社に27%減少したものの、投資規模は21589億ウォンから28367億ウォンに31%増加した。量的な投資誘致から優良企業の選別的投資誘致に路線を変更したのが的中したと分析した。

同期間に外資誘致金額は2900万ドルから56100万ドルに164%増加し、地域内総生産(GRDP)651千億ウォンから849千億ウォン(暫定)に約30%増えた。

原文記事

出所:ニューシース(2013.06.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。