本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠南道、3大革新課題の成果創出など2014年度施策を打ち出す
作成日
2013.09.30
ヒット
204
제목 없음

忠清南道が3大革新課題における成果の創出など、2014年度施策を打ち出した。

道は27日、道庁大会議室でアン・ヒジョン知事を始めとする約120人が集まった中で2014年度施策討論会を行い、来年の道政の重点推進施策を点検した。

道は2014年度の施策に、3大革新課題など民選5期事業に対する道政の成果創出、道政指標の体系的な管理を通じた道政策と事業の道民志向性の確立、新政権の国政課題と連携した政策発掘による未来成長の動力の確保、内浦新都市の自足機能の充実など環黄海圏時代の中心都市の基盤構築、西海岸ビジョンの実現など環黄海圏時代における忠南の跳躍の土台作りなど5大重点課題を打ち出した。

また、重点を置いて完成する課題には、内浦新都市の早期定着と西海岸原油事故の被害対策支援、3大革新課題に対する道民中心の成果創出、新政策の談論・逆提案課題の発掘、忠清儒教文化圏の総合開発事業の着手、忠南文化財団の設立及び役割の確立、地方医療院の経営安定化、安眠島の観光地開発事業の基盤構築、国防大学の論山移転支援、黄海経済自由区域開発の可視化など18件を上げた。

この討論会でアン知事は、「2014年は民選5期の終了とともに民選6期が発足する年で、民選5期が重点推進してきた施策を仕上げなければならない」とし、「内浦新都市の早期定着を通じた環黄海圏中心都市の造成、西海岸原油事故の対策など長く解決されていない道政案件の早急な解決などに重点を置いていくべき」と話した。

また、「来年は3農革新と相生産業団地造成、社会的経済の育成、気候変動への対応など道政の持続可能な発展方向について考えなければならない」とし、「道政の大きな方向性と流れは維持するものの、財政状況を考慮して慣行の性格がある事業を大胆に整理するなど、政策の質を高めていきたい」と強調した。

原文記事

出所:ニューシース(2013.09.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。