本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全羅北道が機動部隊を発足 「第4次産業革命」の対応目指す
作成日
2017.04.10
ヒット
194

聨合ニュースによると、


【全州聯合ニュース】ホン・インチョル記者=全羅北道が第4次産業革命に対応すべく、特別戦略テスクフォース(機動部隊)を発足させる。

第4次産業革命により、経済・社会に変化が起こると予想されることから、全北の環境に合った課題を見つけ出し専制的・体系的に対応することを目指す。

行政部知事が団長を務め機動部隊を総括し、5つの分野に分かれた部隊には室長・局長を中心に全北研究院など関係機関の研究員と教授などが参加する。

各機動部隊は中央部所と国策研究機関が発表する政策動向を把握・分析し、全北の発展方向性に沿った課題発掘を企画、その後行政部知事が参加する諮問会議を経て総合対策をまとめる計画だ。

これに先立ち、全北道は先月8日、「第4次産業革命に対応する地域産業育成戦略」の政策調整会議を開催し、主力産業の高度化、未来新産業の育成、融合型創意人材の育成など3大分野の32の中核課題について議論した。

政府も今年2月、企画財政部主管で政府レベルの対策を打ち出すため、官民合同「第4次産業革命戦略委員会」を発足させた。


ichong@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.04.03)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。