• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

投資ニュース

2020.03.05
閲覧数 :
225
FTA活用を希望する企業に適合型相談 産業部、コンサルティング事業推進

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】コ・ウンジ記者=産業通商資源部によると、輸出企業の競争力を高めるために「2020年FTA活用支援コンサルティング事業」を推進することを4日に明らかにした。

FTA活用とは、FTA締結国に輸出する際に原産地照明を通じて輸出品にFTA特恵関税を適用されることを指す。

韓国は発効基準現在56ヵ国と16件のFTAを締結しており、FTA活用支援機関を通じて輸出企業に相談や現状訪問などのコンサルティングを提供する。

コンサルティングの種類は ▲OK FTA総合コンサルティング ▲チャイナデスク・コンサルティング ▲訪問するFTAサービス ▲原産地確認書の第三者確認がある。

OK FTA総合コンサルティングとは、企業状況に合わせて総合・改善・予備の三つのタイプにコンサルティングを分け、最大10日にまでに原産地証明や認証などに関する適合型支援を行うことである。

チャイナデスク・コンサルティングは、中国に特化したコンサルティングとして韓中FTA活用に向けて専門人材が企業を訪問して原産地管理、非関税障壁に関する問題を解決する。

原産地確認書の第三者確認事業は、地域FTA活用支援センターで輸出企業の協力企業が作成する原産地確認書の整合性を検討し、確認結果書を発給して輸出企業と協力企業間の信頼性向上や原産地証明に貢献する。

FTA活用支援コンサルティングを希望する企業は「1380コールセンター」、FTA総合支援センター、全国18地域のFTA亜k津要支援センターで相談できる。

eun@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.3.4)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
次へ
KOTRA、コロナウイルス対応に向けて輸出商談ブース5ヵ所→60に拡大
前へ
ベトナムR&Dセンター着工 東南アジア最大規模に=サムスン電子

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

IKニュース

더보기