• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

投資ニュース

2020.04.21
閲覧数 :
401
韓国初の「ゲームマイスター高校」開校 重要産業の主要人材育成 

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】韓国の文化コンテンツ輸出の3分の2を占めるゲーム産業の主要人材を育成する「京畿ゲームマイスター高等学校」が16日、ソウル近郊の京畿道安養市に開校した。

この高校は、文化体育観光部と教育部、京畿道教育庁、安養市が協力して作ったゲームコンテンツ分野初のマイスター高校(職業分野の人材育成を行う教育機関)だ。

同校は「ゲーム開発科」のみの単科高校で、1学年4クラスで運営。2.5倍の競争率を勝ち抜いた77人が選抜された。

この日の開校式と入学式は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオンラインで行われる。

この高校ではゲーム産業界からのニーズを反映し、ゲーム理論教育とともに学年ごとにゲーム開発プロジェクトを行う計画だ。

特に、校内の遊休空間にゲーム企業を誘致する新たな形の産学協力を試み、現場に合わせた教育課程を編成する。

京畿道にはゲーム会社が集まっており、学校と企業間の産学協力が活発に行われると期待される。

ゲーム産業は、未来の有望産業とされるコンテンツ産業の中でも代表的な高成長・雇用創出産業であり、輸出産業だ。

2018年のゲーム輸出額は前年比8.2%増の64億ドル(約6900億円)で、国内コンテンツ輸出の67%を占めた。

だが、その間に現場では人材供給が需要に追い付かず、体系的な専門人材の育成が求められてきた。

文化体育観光部の関係者は「昨年のゲーム人材院開院に続く今年のゲームマイスター高開校は、ゲーム人材の育成に投資を惜しまないという政府の意志を示したものだ」とし、「ゲーム産業の根幹になる人材育成に最善を尽くす」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.4.16)

次へ
KOTRA、テレビ商談ブースを15個に拡大 「新型コロナで需要増加」
前へ
ICT活用の新型コロナ対応策を紹介 英文資料発刊=韓国政府

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

IKニュース

더보기