• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

投資ニュース

2020.05.15
閲覧数 :
405
韓国格付け ムーディーズが「Aa2」で据え置き=コロナの打撃「限定的」

聨合ニュースによると、


【世宗、ソウル聯合ニュース】米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは12日、韓国の国債格付けを最上位から3番目の「Aa2」に据え置くと発表した。格付け見通しは「安定的」とした。

格付けを据え置いた理由について同社は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う韓国の経済的な被害が、同レベルの格付けの国に比べ限定的であり、政府の財政状況が大きく悪化しないことが予想されるためとした。

また「新型コロナ事態で示されたように、韓国は強いガバナンス(統治機能)と衝撃に対する効果的なマクロ経済、財政、通貨管理能力を有している」などとした。

一方でムーディーズは「長期的には高齢化が成長の制約となり、政府の債務負担を増加させるだろう」とし、「北朝鮮との平和定着に向け進展が乏しく、地政学的リスクが相変らず持続している」と指摘した。

世界の主要格付会社による韓国の格付けをみると、フィッチ・レーティングスは上から4番目の「AAマイナス」、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3番目に高い「AA」としている。

yugiri@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.5.12)

次へ
公共部門中心に156万人の雇用創出目指す 韓国副首相
前へ
素材・部品・装備の競争力強化を本格推進 「100大戦略技術」選定へ=韓国政府

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

IKニュース

더보기