本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市コンタクトレンズメーカーの輸出額、1500万ドルを突破
作成日
2016.08.16
ヒット
264

聨合ニュースによると、

【光州聯合ニュース】ソン・サンウォン記者=光州市のコンタクトレンズメーカーが急成長を遂げている。

15日光州市によると、同市に所在するコンタクトレンズメーカーはニューバイオ、GEOメディカル、ユニコンタクト、i-CODI、マジックコンの5社だ。

昨年の売上高は300億ウォンで、首都圏を含めても全国4位、雇用創出人数は511人に上る。

今年の輸出額は前年(1760万ドル)比25%増の2200万ドルになると予想される。先月までの輸出額は1520万ドルだった。

光州市は2014年、コンタクトレンズなどバイオメディカル用素材産業を市の主要産業に選定し、支援を行ってきた。

今年は産業通商資源部の公募事業に市のコンタクトレンズ産業高度化育成事業が採択され、2019年まで国費を含む26億ウォンが投入される予定だ。

sangwon700@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事
出所:聨合ニュース(2016.08.15)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。