本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光陽市、ミョンダン3地区産業団地造成
作成日
2016.11.30
ヒット
201

聨合ニュースによると、


【光陽聯合ニュース】キム・ジェソン記者=全羅南道光陽市は、太仁洞ミョンダン地区で推進している「ミョンダン3地区国家産業団地造成事業」の工事を今月末から本格化すると25日明らかにした。

光陽市は企業誘致と安定した雇用創出を目指し、総面積43万7998㎡の同団地に2018年12月までに延べ794億ウォンを投じて開発する計画だ。

今年上半期まで土地補償を70%完了させ、第2回追加補正予算から残りの補償費を確保できたことで補償協議が上手くまとまるものとみている。

また、造成費用が産業団地の競争力と投資誘致に直結すると考え、3.3㎡あたり80万ウォン以下で供給するためコスト削減に重点を置いている。

光陽市は今後、産業団地内の支援施設用地を拡大し、憩いと癒しのある産業団地に仕上げて入居を促す方針だ。

関係者は「施工会社、韓国産業団地管理公団、光陽商工会議所と共に分譲支援団を運営し、各種の税制特典など様々なインセンティブ制度を導入する計画」とし、「特に、投資企業を訪問するマーケティングを通して市ならではの計画を立て、最高の産団になるようベストを尽くしていく」と話した。

kjsun@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.11.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。