本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「光州都市先端産業団地」着工へ
作成日
2016.12.15
ヒット
225

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】チョン・フェソン記者=エネルギー新産業を中心に1兆ウォン規模の生産誘発効果が期待される光州南区の「都市先端産業団地の造成事業」が12日、現地で起工式を行い、工事を本格的に始めた。

国土交通部と光州市が主催したこの日のイベントには国土部長官や産業通商資源委員長、光州市長、韓国電力公社社長など、200人余りが参加した。

光州都市先端産団は南区鴨村洞・支石洞の485,000㎡面積に造成されるエネルギー新産業の中心団地で、1,428億ウォンの事業費が投入される。

同産団は1段階と2段階(124万㎡)の地方産団に分かれて順次造成するが、今回の起工式は1段階の産業地区だ。

2019年に竣工される予定で、LS産電(LSIS)などの企業・韓国電気研究院・韓国基礎科学支援研究院の分院が入居する。

国土部と光州市は産業団地が完成されると、約1兆ウォンの生産誘発と5千人の雇用創出効果により地域経済の発展に貢献すると見込んでいる。

2,978億ウォンが投じられる地方産団は来年4月に着工し2020年完工予定であり、現在国土部とグリーンベルトの解除に対する協議を行っている。

hs@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.12.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。