本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州のエコカー部品クラスター造成事業に国費448億ウォンを投入
作成日
2017.01.09
ヒット
217

 



民選6期光州市の中核事業である「エコカー部品クラスター造成事業」の国費が当初の予算案より448億ウォン増額された1431億ウォンに確定し、自動車産業バレーの造成事業に弾みがつく見通しだ。

3日同市によると、政府とエコカー部品クラスター造成事業の国費支援率について交渉を行った結果、総事業費3030億ウォンのうち国費が1431億ウォン(47.4%)に最終決定された。

これは当初の予算案であった983億ウォン(32.4%)から448億ウォン増額したものである。市費は1883億ウォンから1405億ウォンに478億ウォン減額され、民間資本は164億ウォンから194億ウォンへと30億ウォン増額された。

今回の国費の増額は、当初政府が2つの項目に限って支援するとしたのを5つの項目に細分化して支援したことで行われた。

光州市は昨年に確保した国費30億ウォンが年末に配置されたことにより、今年初から企業公用装備の構築にまず活用し、産業研究員を通して詳しい実行計画樹立の外部委託を進めている。

また、今年に決まった国費130億ウォンと市費50億ウォンの計180億ウォンを投入し、技術支援センターの実施設計に着手することにするなど、自動車産業バレーの造成事業が本格化する見通しだ。

 


原文記事
出所:ニューシース(2017.01.03)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。