本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
EV充電器普及を支援 光州市
作成日
2017.04.14
ヒット
183

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・ヒョンイル記者=光州市はマンションなどの多衆利用施設12ヶ所にEV緩速充電器16台を設置しサービスを開始したと13日、明らかにした。

多衆利用施設に充電器を設置したのは韓国で初めてのこと。同市はマンションに住む人が増えている一方で、充電器不足でEVの普及が進まず、住民の皆に利用してもらえるよう公用充電器の申請を受け付けたと説明した。

今年だけで55台を設置する計画で、充電器はもちろん設置費用、電気料金、充電料金なども全額支援する。

設置と施設運営、メンテナンスは光州市と協約を結んだ韓国充電サービスが担当する。

充電器の位置情報については、環境部のEV充電インフラ情報システム(ev.or.kr)、韓国充電ホームページ(http://happcharger.com)から確認できる。

なお、緩速充電器の設置を希望する多衆利用施設は書類を記入し市庁舎に直接申し込むか、郵便、ウェブメールなどからも申し込むことができる。

2013年からEV民間普及事業を進めてきた光州市は、3月までに計344台(公共59台、民間285台)のEVを普及した。充電器は385台(急速37台、緩速348台)設置した。

nicepen@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.03.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。