本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
高度浄水処理施設の起工式が開催 499億ウォン投入
作成日
2017.05.08
ヒット
168

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・ヒョンイル記者=光州市民に水道水を供給する龍淵浄水場に高度浄水処理施設がオープンする。

光州市は2日、東区龍淵洞の龍淵浄水場で高度浄水処理施設の起工式を行い、きれいで安全な水道水を安定的に供給する計画だと伝えた。

同処理施設は高温、干ばつなどで潮流が大量発生するとき、水からする地面の匂い(ゲオスミン、Geosmin)やカビの臭い(2-MIB)を除去する施設だ。

後オゾン接触池、活性炭吸着池、逆洗浄回収槽などを設置し、従来の浄水方法では消せなかった臭いを消臭する。

349億ウォンの国費など499億ウォンが投資され、2019年10月に完工する予定だ。

1日に30万tの水を高浄水処理し家庭に供給する。

光州市は2012年、高度浄水処理施設が必要であることが判明すると、水道整備基本計画の反映と実施設計を通して今年、環境部の最終事業認可を取得した。

nicepen@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.05.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。