本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州・全南 務安空港のチャーター機誘致で協力
作成日
2017.05.15
ヒット
281

 



光州市と全羅南道、全南観光文化財団、韓国空港公社務安支社は10日、務安国際空港の会議室にて務安国際空港のチャーター機誘致支援に向けたMOUを締結した。

今回のMOUはサードミサイルの韓国配備で中国ではなく日本や台湾などへと路線を多角化し、地方空港の競争力を高め、海外観光客を誘致するために推進された。

MOUにより、空港公社務安支社は務安空港に外国人観光客のインバウンドチャーター機を誘致した旅行会社に到着便当たり最大250万ウォンのインセンティブを支援し、共同マーケティングなどを推進する。

特に、光州市と全羅南道が務安空港のチャーター機誘致のために支援しているインセンティブとは別に、空港公社がマッチングする形で追加支援を行うところに意味があり、全南文化観光財団はインセンティブ申請内容の検討と至急を担当することになる。

今まで光州市と全羅南道は務安空港のチャーター機運航による運航奨励金などのインセンティブを提供し、毎年2万~3万人の中国人韓国客を誘致した実績がある。

ところが、最近のサードミサイルの韓国配備問題を受け中国観光客誘致が前面中止となったことで光州・全南のみならず、全羅北道を含む全羅道の3つの市と道は日本と台湾、東南アジアを対象に共同マーケティングに注力している。

 


原文記事
出所:ニューシース(2017.05.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。