本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
KORAILと光州市、駅勢圏都市再生事業を開始
作成日
2018.10.04
ヒット
125

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ユ・イジュ記者=KORAILは1日、光州市役所の会議室で光州市と「光州駅勢圏都市再生」と「光州松汀駅のゲートウェイ事業」に向けた業務協定を締結した。

協定式にはKORAILのオーヨンシキ社長とイ・ヨンソブ光州市長をはじめ、関係者約20人か参加した。

協定書には光州松汀駅と周辺の50万の敷地を対象に都市再生事業と複合開発を推進し、光州松汀駅の駐 車場拡充に向けて協力する内容が盛り込まれた。

今回の協定は2014年光州松汀駅のKTX運行中止に伴い深刻化する都心空洞化に歯止めをかけ、光州松汀 駅の駐車場敷地を確保するのを目的としている。

光州駅勢圏が開発されれば、2025年まで光州松汀駅で起業と文化産業のための空間が設けられる。鉄道 敷地を活用し、住居と業務、商業、レジャー、ショッピングなどの機能を持つ「複合コンパックシティ 」も建設される。

yej@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.10.01)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。