本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「2018国際光産業展示会」22日閉幕、354億ウォンの輸出契約締結
作成日
2018.11.27
ヒット
117

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】キム・ジェソン記者=2018国際光産業展示会が22日閉幕した。同行事では354億ウォンの輸出契約が締結された。

光州市は11月20日から金大中コンベンションセンターで開かれた2018光産業展示会にドイツ・アメリカなど15カ国の107人の海外バイヤーが参加し、2千117億ウォンの輸出商談を行ったと22日、明らかにした。

今年の行事は第4次産業革命の核心技術である光融合産業と連携した未来製品の輸出市場を先取りするために参加した大手企業LGイノテックと韓国アルプス(株)などが未来技術を紹介し、注目を集めた。

また、IoT光融合館、光学及び有機発光ダイオード(OLED)館、LED融合照明館、AR・VR体験広報館、超精密レジャー接合工程技術など117社の企業・機関の新製品が展示され、光融合産業の関係者と観覧客から好評を得た。

光州市の関係者は「今回の国際光産業展示会は第4時産業革命の大きな流れの中で、光融合産業の現状を確認し、未来産業の方向性を模索する意義深い行事だった」とし「今後も地域企業の販路開拓やグローバルマーケティングチャンスを提供するために努力する」と述べた。

kjsun@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.11.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。