本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州TP 規制自由特区指定準備本格化
作成日
2019.02.11
ヒット
220

 


光州テクノパークによると、光州市が集中的に推進している規制自由特区の指定と関して、革新成長事業の需要調査などの準備作業を本格化することを7日明らかにした。

規制自由特区は、各種の規制が猶予・免除し、新事業を推進できるように非首都圏地域に指定する区域だ。

新技術を活用した製品・サービスのうち規制で苦しんでいる革新成長事業分野の規制を緩和し、財政・税制を支援することが核心だ。

光州テクノパークは規制自由特区の革新成長事業を発掘するため、今月20日まで需要調査を実施する。

これに関して、最近規制自由特区法が国会を通過し、地元企業の技術開発や事業化促進などに重要な役割を果たすことが期待される。

特に、201の規制特例と迅速確認・臨時許可・実証特例などの規制革新3種セットを通じて、企業が革新技術開発に集中できるということが光州TPの説明だ。

光州テクノパークのキム・ソンジン院長は「地元企業が自由な領域で思い切り革新技術を開発し、試験・認証や販売できるように積極的支援する」とし、「規制自由特区を通じた雇用創出と企業の成長が地域産業活力のモデルになるよう努力したい」と述べた。

 


原文記事
出所:ニューシース(2019.02.07)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。