本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、2018年度の地域産業育成事業の成果評価で「優秀」獲得
作成日
2019.07.18
ヒット
93

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】キム・ジェソン記者=光州市によると、中小ベンチャー企業部が首都圏を除く、全国14の市・道を対象に行った「2018年地域産業育成事業の成果評価」で優秀(A)グレードを獲得したことを14日に明らかにした。

「地元産業の育成事業」は地位産業の活性化を目指し、1999年から非首都圏の14市・道を対象で行う国策事業だ。

毎年、地域産業の振興計画を策定し、推進成果を評価してグレード(S、A、B、C)によって予算を支援している。

2018年度の地域産業育成事業の成果評価対象は、地域特化事業の研究開発(R&D)と非R&D分野だ。

評価指標は自治体の成果管理への努力、事業成果、特化事業での優秀企業・事例などだ。

光州市は地域産業の育成と成果管理のため、地域革新機関と共同革新都市の公共機関を連携した「戦略産業の革新性長協議会」を構成し、活動する点で好評を受けた。

また、地域企業の支援のため、光州テクノパーク内の専門組織(雇用企画部、名品強小企業事務局)を新設した政策も好評を受けた。

同市は2014年から5年連続優秀グレード(A)以上を獲得した。

今年に実施した2018年度の評価結果によって、2020年の主力産業の国費インセンティブの10億ウォンを追加確保した。

ソン・キョンゾン光州市戦略産業局長は「国費確保の競争が激しい状況で、成果を維持したことは地域の産・学・研などの革新主体が共に努力した結果」とし「企業と雇用中心の地域革新性長を支援したい」と述べた。

kjsun@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.07.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。