本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州社稷洞一帯が歴史・文化が共存する空間に生まれ変わる
作成日
2019.09.16
ヒット
151

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】チョン・ジョンイン記者=光州・南区社稷洞一帯が都市再生を通じて新しく生まれ変わる。

立ち後れた地域というイメージから脱して歴史と文化が共存する空間として生まれ変わる。

光州市・南区によると、都市再生事業は今年から2022年まで社稷洞一帯の1万8千700平方メートルイ規模の敷地に223億ウォンを投入して大々的な都市再生事業を推進することを12日に明らかにした。

事業テーマは、大きく住居再生と生活文化再生の共同体再生事業に分けられる。

約79億ウォンが投入される住居再生事業は、地上5階建ての幸福住宅を建設し、1~2階は駐車場と住民共用空間として使用し、3~5階は幸福住宅の22世帯が入居する。

幸福住宅は社会初年生、大学生、青年、新婚夫婦、高齢者など、住居弱者の住居安定のための賃貸住宅だ。

約65億ウォンを投入して歴史・文化空間の開発など、生活文化再生事業も推進する。

また、村共同体を活性化に向けた共同体再生事業には78億ウォンが投入される。

このうち約59億ウォンは住民センターの設立に使われる。

2階規模の住民センターは、住民コミュニティ空間として活用されて屋上には住民らが直接作った作品を展示するアート・ゾーン(Art Zone)と屋上庭園が設けられる。

南区はこのような内容を盛り込んだ都市再生事業の活性化計画案を2日、国土部に提出した。

南区の関係者は「住民が都市再生事業の必要性を認識しており、自ら再生事業のアイデアを提示するなど積極的に参加している」とし「事業を成功に導き、新しい社稷洞になるように努力したい」と述べた。

iny@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.09.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。