本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州AI産業育成政策討論会 2024年まで産業団地造成へ
作成日
2019.10.07
ヒット
120

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ジャン・ドクゾン記者=キム・ギョンジン議員が主催した「光州人工知能(AI)産業団地育成のための立法政策討論会」が2日に光州テクノパークで開かれた。

光州AI産業団地の立法支援必要性とその方策を論議するための討論会は、全南大学ハン・ウンミ副総長が司会を務め、情報通信産業振興院のジョン・スジンチーム長が「立法支援の必要性」をテーマに発表した。

国会立法調査処産業支援チームのジョン・ウンギョン調査官、Naver Clova AI Researchのハ・ジョンウリーダー、韓国電力のパク・ジャンボムICT企画処長、国民健康保険公団ビッグデータ室のアン・ビョンウン室長、全南大学医学大学のキム・ビョンチェ教授、国会法制室教育科学技術文化法制課のハン・イェスル法制管などがパネルとして参加し討論を行った。

キム・ギョンジン議員は「AI技術を先取りすることで、光州AI産業団地が低迷している国内産業に機会を提供することを期待している」とし「光州がAI産業団地の造成事業を機にAI産業融合を送信する拠点として成長することを願う」と述べた。

「光州AI中心産業団地造成事業」は、先端3地区に2020年から2024年まで4千61億ウォンを投入し人工知能の革新要素であるデータ、アルゴリズム、コンピューティングパワーなどのインフラ、創業、研究・開発など、直接施設を設立することである。

1月に予備妥当性調査省略事業に確定され、入居企業・民間資本誘致、準備団の発足、需要調査、部署別規制サンドボックス(猶予)総合支援協議体の構成、政府の適格性審査などを経て、来年から予算を確保して事業を本格的に推進する予定だ。

cbebop@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.10.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。