本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州に公共データ創業支援空間「オープンスクウェア―D」開所
作成日
2019.12.12
ヒット
111

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】クォン・スヒョン記者=公共データを活用する創業支援空間である「オープンスクウェア―D」が6日、光州でオープンした。

行政安全部と光州市によると、この日光州東区のI-Plexにオープンスクウェア―Dの開所式を行ったことを明らかにした。

オープンスクウェア―Dは公共データを活用して呼び創業者を発掘し、事業化や創業を支援する施設だ。

公共データを活用して革新的な事業アイデアがあれば、入居空間やデータ提供を受けて教育・コンサルティング、投資誘致など体系的な支援を受けられる。

また、これに先立ち、ソウル・釜山・江原・大田・大邱にオープンスクウェア―Dをオープンし、光州にも開所して6の圏域に高級データ創業支援区間が設置されることになった。

行政安全部のキム・ソンジュン政府革新企画官は「人工知能ハブ都市としての跳躍を準備している光州にオープンスクウェア―Dの開所は、地域の人工知能産業生態系造成に活力を与えられると期待している」と説明した。

inishmore@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.12.6)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。