本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国AI特許最大保有のソルトルックス、光州にビッグデータセンター設立
作成日
2020.03.16
ヒット
125

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・サンウォン記者=人工知能(AI)中心都市を宣言した光州に国内外の有数の企業が相次いで設立している。

光州市は11日、市庁のビジネスルームでソルトルックス(Saltlux)と業務協約を締結した。

韓国で人工知能関連特許を最も多く保有しているソルトルックスは、光州に造成中の人工知能集積団地にビッグデータセンターを設立することにした。

ソルトルックスは創業以来20年間機械学習、自然言語処理、ビックデータ分析など、オリジナル技術の確保に集中し、成長を重ねてきた。

光州市とソルトルックスは研究開発向けのデータ発掘、専門人材の養成に協力する。

今年は100人、来年200人を採用し、雇用創出にも寄与する計画。

ソルトルックスは今月中に光州事務所を設置し、下半期別法人も設立することにした。

独自に保有している動画、音声、イメージ、テキストなど140億の知識ベースを基盤にAI学習向けのデータを開発し、関連分野の研究や起業に活用するように光州市に結果物も寄贈する。

ソルトルックスのイ・キョンイル代表は「人工知能産業は、地域のみならず世界が競争する分野として、選択とリーダーシップによって、どんな都市でも世界的に跳躍する可能性がある」とし「官・民の共生協力の人工知能産業生態系が、光州に造成されるように努力したい」と話した。

最近、光州市は国家セキュリティ研究所の光州事務所、電気・電子技術者協会(IEEE)の人工知能標準研究院、ティーマックスソフト技術研究所など設立・誘致協約を締結した。

昨年10月に米・シリコンバレーで投資協約を締結したエンコアード(ENCORED)は、協約5ヵ月ぶりにエネルギー人工知能研究所の光州法人設立を完了した。

sangwon700@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.3.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。