本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州、人工知能研究機関設立に着手 実施案調査開始
作成日
2020.06.01
ヒット
113

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・サンウォン記者=光州市が人工知能拠点都市造成に向けた研究機関の設立を開始した。

光州市は22日、市庁で光州化学技術院と研究機関設立案の研究調査契約を締結し、着手報告会を開いた。

調査課題は、2024年までに人工知能中心産業融合集積団地を造成するスケジュールに合わせて、今年末まで人工知能の研究機関(「データ産業融合院」仮称)、サイバーセキュリティ研究専門機関を設立する案の妥当性を検討すること。

データ産業融合院は、研究開発(R&D)事業と非研究開発事業を連結し、人工知能産業システムの造成を総括管理する役割を果たすことになる。

技術院は着手報告会で研究範囲、方法、細部内容、推進計画などを発表し調査開始を発表した。

光州化学技術院は、3月に人工知能大学院を解説し、スタートアップを育成するなど、人工知能中心都市造成に積極的に参加している。

sangwon700@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.5.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。