本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州平洞3次産業団地への企業投資が活発 20社が投資決定
作成日
2020.08.24
ヒット
266

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】チャン・ドクジョン記者=光州市によると、20社と平洞3次一般産業団地への投資協約を締結したことを11日に明らかにした。

エネルギー関連企業である美しい同行・ニューグリーンコリア、キムチ産業関連企業であるトゥレチャンが入居を完了した。

海外ユーターン企業であるデヨン電子をはじめとする7社の企業が工場を設立し、空気産業企業であるジョインツリーなど10社は工場用地を買収して、工場設立を準備している。

これらの企業の投資で600人以上の雇用創出と地域経済の活性化が期待される。

2027年まで5千億ウォンを投資してエコ空気産業クラスターを造成する平洞3次産業団地には、空気産業関連企業の投資に関する問い合わせが急増している。

同市は、今年上半期だけで光州型雇用、人工知能(AI)産業団地の造成、経済自由区域指定に関する31社の企業を誘致して1千181億ウォン規模の投資誘致協約を締結した。

チュ・ジェヒ光州市投資誘致課長は、「コロナ禍の状況にも相次ぐ企業の投資は、光州投資環境の競争力を確認できる契機になった」とし、「優秀な企業を誘致し雇用創出はもちろん、地域経済の活性化に貢献したい」と説明した。

cbebop@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.8.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。