本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、大学・高校と人工知能誘致企業の雇用活性化を議論
作成日
2020.09.14
ヒット
112

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・サンウォン記者=光州市と地域の教育機関が人工知能の誘致企業の雇用活性化に向けて協力する。

光州市は1日、光州科学技術院、全南大学、朝鮮大学、ソフトウェアマイスター高校、人工知能士官学校など17の機関とともに1日にオンライン会議を開いた。

今回の会議で、出席者らは事前に調査した人工知能誘致企業の地域人材需要調査をもとに、教育機関別の就業状況、企業の雇用担当者の意見などを共有した。

同市と教育機関は採用情報リアルタイムコミュニケーション、企業と求職者間の雇用ワンストップサービス支援、光州テクノパーク人工知能総合支援センターのホームページ構築などを推進することにした。

ソン・ギョンジョン光州市人工知能産業局長は、「企業と地域人材間のワンストップコミュニケーションシステムを早期に構築する計画」とし、「地域の人材が良質の雇用を通じて、人工知能中心都市の光州を選択した企業が早期に定着するように積極的に支援したい」と説明した。

sangwon700@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.9.1)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。