本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、AI専門企業と業務協約 「光州型AI生態系を造成」
作成日
2020.09.23
ヒット
126

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】チャン・ドクジョン記者=光州市は11日、アジャイルソーダと光州型人工知能(AI)ビジネスの基盤づくりのための業務協約を締結した。

新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮して、協約式はオンラインで行われる。

アジャイルソーダは、人工知能の核心技術を活用した製品を開発する専門企業だ。

銀行・保険・カードなどで140件以上の人工知能プロジェクトを成功し、その技術力を立証した。

協約の内容は、人工知能分野の人材育成、光州法人・地域事務所の設立、支援プログラムの開発・運営・広報、就業プログラムの推進などだ。

アジャイルソーダのチェ・デウ代表理事は、「多様なプロジェクトを通じて得た経験とノウハウを積極的に共有し、光州市の人工知能事業の強化のために積極的に協力したい」と説明した。

イ・ヨンソプ市長は、「新型コロナウイルス感染拡大の影響にも関わらず、韓国版ニューディールの成功を裏付ける人工知能の中心都市づくり事業を推進する計画」と明らかにした。

cbebop@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.9.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。