本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国電力、エネルギーバレー誘致企業500社突破 投資約定2兆ウォン超
作成日
2020.11.30
ヒット
89

聨合ニュースによると、


【ソウル聯合ニュース】チョ・ジェヨン記者=韓国電力によると、光州広域市、全羅南道、羅州市、韓電KDNと協業して、今年下半期に36社と「エネルギーバレー投資協約」を締結したことを25日明らかにした。

エネルギーバレーは、光州・全南革新都市と近隣地域にエネルギー新産業中心の企業と研究所などを誘致し、地域経済活性化と国家経済の発展に貢献するため構築される「スマートエネルギーハブ」である。

2015年から今年11月まで韓電と自治体がエネルギーバレーに誘致した企業は合計501社で、最初1段階の目標である500社を超えた。

これらの企業の投資額は2兆1千596億ウォンで、雇用創出効果は1万1千158人と集計された。

韓電はエネルギーバレーに投資する企業を対象に資金支援をしたり、優先購買、人材養成支援事業など様々な政策を展開してきた。

韓国電力は「来年から行われる2段階エネルギーバレーは自治体、関連企業が協力し、多くの企業が実際投資を実行できるように質的成長を目指している」とし、「K‐ニューディールなど政策と連携し、新再生およびエネルギー効率向上分野の誘致企業を多角化する計画」と説明した。

fusionjc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.11.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。