本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
エコカー部品認証センター、7月に光州ビッグリーン産業団地で竣工
作成日
2021.01.19
ヒット
111

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・サンウォン記者=全国初のエコカー部品認証国家機関が光州光グリーン産業団地に設立される。

光州市によると、昨年8月から着工したエコ自動車部品認証センターは、衝突、衝撃、バッテリーの3つの試験棟を備えると10日に明らかにした。

今年7月に完成すれば、各種の認証・評価装備の構築に突入し、2022年までに完了する予定だ。

衝突・衝撃の安全性、バッテリーの評価、火災再現など26種の機器が構築される。

バッテリー試験棟は試験室8室で構成され、このうち5室はバッテリー火災・爆発に備えた防爆構造となる。

国際基準に基づき、強化されたバッテリー安全性評価試験方法に合わせて新設される12試験のうち11試験を光州で優先的に実施する。

衝突試験棟は、超小型電気自動車から総重量3.5トン以下の自動車まで衝突の安全性を研究するために車両時速100キロの衝突速度を実現する施設を備えている。

衝撃試験棟は、運転者の安全のための部品の構造強度を評価する施設だ。

現在、国内で衝突・衝撃試験を行う認証・試験機関は京畿道・華城にある韓国交通安全公団傘下の自動車安全研究院が唯一。

エコカーと関連した部品認証センターの設立で、南部地域企業の研究開発を迅速に支援できると光州市は期待している。

光州市のソン・ギョンゾン人工知能産業局長は、「同センターは開発、評価、認証支援などワンストップサービスの支援が可能な施設」とし、「地域エコカー産業の育成にも大きく役立つ」と述べた。

sangwon700@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2021.1.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。