本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、AI企業シリコンバレー進出支援 投資誘致説明会を開催
作成日
2021.09.06
ヒット
77

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】チャン・ドクジョン記者=光州市は8月31日、光州金大中コンベンションセンターで米シリコンバレーの現地企業とオンライン投資誘致説明会を開催した。

今回の説明会は、光州地域の人工知能企業のシリコンバレー進出を支援するために開かれた。

シリコンバレーの現地企業と非対面オンライン方式で開催された今回のイベントは、シリコンバレーの代表スタートアップ投資機関であるプラグアンドプレイのメンターを務めるギデオン・マーク(Gideon Marks)、サンド・ヒル・エンジェルのジム・コーナーなどの5人の優秀な投資家が参加した。

イベントに参加した14社の人工知能企業はこの3ヵ月間、能力強化プログラムに参加して、シリコンバレー進出を準備してきた。

今回のイベントで最終的に選ばれた5社は、今年10月にシリコンバレー訪問および現地の投資家・協力会社を対象に投資誘致を行う予定だ。

市は2019年からシリコンバレー企業とネットワークを構築し、地域内の人工知能企業の投資誘致を支援してきた。

これまで8社が90億ウォン規模の投資誘致に成功する成果をあげた。

イ・ヨンソプ市長は、「人工知能と情報通信技術、エネルギー、ドローンなどの分野で競争力を持っている地域企業が参加した今回の説明会は、光州にとって一つの機会になった」とし、「シリコンバレーと光州の協力が歴史を変える転換点になることを期待している」と述べた。

cbebop@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.8.31)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。