本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州文化コンテンツ企業、60億ウォン規模の投資委誘致
作成日
2021.11.11
ヒット
80

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】チャン・ドクジョン記者=光州地域の文化コンテンツ企業が60億ウォン規模の投資誘致に成功した。

光州市によると、市の支援事業に参加した文化コンテンツ企業のキャンプファイアアニメワークスが中国テンセントビデオ・ライブファン・EBSなどから60億ウォン規模の投資を誘致した。

キャンプファイアアニメワークスは、テンセントビデオ・EBSを通じて、アニメ「レインボー・バブルジャム」を来年9月に国内・海外で同時放送する。

同社は2017年創業し、市の支援事業に2019∼2020年に参加した。

市はアニメ・ウェブトゥーン分野で競争力のある文化コンテンツ企業を発掘・育成している。

2006年から現在まで173本の作品に140億ウォンを支援して約300億ウォンの売上高を記録した。

特に2011年の支援作であるアイスクリーム・スタジオの「ドゥダダクン」は、シーズン3の共同制作と投資契約まで達成した。

2016年の支援作であるモンスター・スタジオの「ブレッド床屋」もNetflixを通じて世界中に配信された。

キム・ジュンヨン光州市文化観光体育室長は、「これから文化コンテンツに人工知能技術を適用して文化コンテンツ産業の発展と企業の競争力確保に努力していきたい」と述べた。

cbebop@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.11.2)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。