本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州型3大ニューディール産業具体化 企業・市民・雇用中心
作成日
2022.01.20
ヒット
52

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ソン・サンウォン記者=光州市によると、今年の地域産業政策を企業中心、市民参加、雇用中心の経済構造造成に重点を置いて展開すると19日に明らかにした。

市は、デジタル・グリーン・ヒューマンなど3大ニューディール政策を雇用創出につながるように具体化する計画だ。

デジタルニューディールに関して国家人工知能集積団地の造成2段階ビジョンを今月中に発表し、年末までにはデータセンターを含めた集積団地造成の進捗率65%を達成する方針だ。

ロッテマート(2.5㎿)と第2環状道路(6ヵ所、4.7㎿)に太陽光拡大、リアルタイムエネルギー情報プラットフォーム構築などで自立都市の基盤を築き、光州共存雇用財団、第2の光州型雇用発掘など、ヒューマンニューディール事業にも集中する。

市は企業、機関、大学、市民とコミュニケーションし、新たな産業政策を構想して現場の意見を代表する産学研協議会活動も強化することにした。

人工知能企業133社が業務協約を締結し、光州に事務所などを開設するトレンドに合わせて人工知能士官学校の定員を180人から330人に、教育期間を7ヵ月から10ヵ月に拡大する。

sangwon700@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2022.1.19)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。