本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、世界レベルの国家人工知能データセンターサービスを開始
作成日
2023.11.15
ヒット
86


 

 alt=


(光州=聯合ニュース)ソン・サンウォン記者=光州に造成された世界レベルの国家人工知能(AI)データセンターが本格的に稼働する。

光州市によると、先端3地区の人工知能中心産業融合集積団地(AI集積団地)の重要施設であるAIデータセンターサービスを15日より開始することを13日に明らかにした。

同センターは、NVIDIAの最新性能加速器「H 100」などの高性能コンピューティング資源を通じて、膨大なデータの学習、分析、活用が可能なインフラを提供する。

20ペタフロップス(PF:毎秒1,000兆回の浮動小数点演算が実行できる計算能力)規模の高性能コンピューティング(HPC)、68.5 PF規模のグラフィック処理装置(GPU)クラウド混用方式で構築された。

二つを合わせて合計88.5 PFの演算資源、107ペタバイト(PB)の保存スペースを備えた世界的規模だ。

データセンターは延べ面積3,144㎡、2階建てで造成され、ユーザーが通信回線事業者を自由に選択して使用することができる。

光州市は、1千社以上のAI企業を支援できるとみている。

企業はAI開発に必要な高コストの演算資源、保存空間、開発環境を無料で提供され、開発時間を短縮できるとみられる。

市は資源利用機関を選定するために公募を行い、263社に加速器、保存資源を提供した。

韓国政府が推進する超高速・低電力の国産AI半導体開発で競争力を強化するための「K-クラウドプロジェクト」の一環として、AI半導体(NPU)ファーム実証・構築も並行して展開する。

光州市のキム・ヨンスン人工知能産業室長は、「関係機関との協議を経て開館イベントも開催する予定」とし、「AI集積団地のインフラを企業に提供し、企業は実証環境を活用して国民生活を後押しするAI代表都市光州の好循環が実現されることを期待している」と述べた。

sangwon700@yna.co.kr

原文記事
出所:聯合ニュース(2023.11.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。