本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、355憶ウォン規模の創業ファンドを組成 2025年までに10件運用
作成日
2023.11.22
ヒット
94


 

 alt=


(光州=聯合ニュース)ソン・サンウォン記者=光州市が創業ファンドを活用した有望新興企業の発掘・投資を本格化する。

光州市によると、355億ウォン規模の創業成長はしごファンドび「シリーズA1号」を組成したことを20日に明らかにした。

民選8期の光州市は、5千億ウォンを目標に現在3,259億ウォン規模のファンド7つを組成した。

シリーズA1号はその最初の成果だ。

光州市は2025年まで創業企業の成長段階、1企業当たりの投資規模に合わせて10のファンドを組成する方針だ。

予備から初期段階の企業に1社当たり1億~5億ウォン規模で投資する「シード(Seed)ファンド」5個(計100億ウォン)、初期企業を対象に10億~30億ウォン規模のシリーズAファンド3個(計900億ウォン)、飛躍段階の企業を対象に20億~50億ウォン規模の「シリーズBファンド2個(計1千億ウォン)で構成される。

光州市、光州テクノパーク、ファンド運用会社のTインベストメントは同日、光州市庁で創業企業投資協力業務協約を締結した。

光州市は、光州テクノパークを通じて投資誘致発表(IR)とコンサルティングを行い、投資対象企業の発掘に努めることにした。

Tインベストメントは来年まで光州に支社を設立し、地域企業投資に積極的に取り組む方針だ。

光州市のキム・グァンジン文化経済副市長は、「5千億ウォン規模のファンドが地域企業がユニコーン企業に飛躍できるきっかけになることを期待している」と述べた。

sangwon700@yna.co.kr

原文記事
出所:聯合ニュース(2023.11.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。