本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、外国投資誘致で目覚しい成果
作成日
2011.03.11
ヒット
341
제목 없음

聯合ニュースによると、

光州市が民選5期に入り、外国企業と相次いで投資了解覚書(MOU)を締結するなど目覚しい成果をあげているなか、実際の投資につながるかが注目されている。

光州市が28日に明らかにしたところによると、姜雲太(カン・ウンテ)光州市長が最近、日本と中国を訪れ、22件に2億2450万ドル規模の投資了解覚書を締結するなど、米国や東南アジア、ドイツなど3回にわたって総37件に10億3350万ドルの投資誘致に成功した。

姜市長はまた、日本と中国を訪問したとき、光州R&D特区に韓・中・日共同研究所設立と現地の大学および研究所などとも9件の協約を締結した。

短期間の訪問で10億ドル規模の投資了解覚書を締結するのは非常にまれなことで、光州市の外国企業誘致への意思が反映されたものと見られる。

光州市関係者は、「民選5期に入り、数多くの外国企業と投資了解覚書を締結した意味は大きい」とし、「現在、2社が実際の投資段階にあり、今後は徹底した事後管理を通じて投資実現率を高めていきたい」と述べた。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.02.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。