本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州、名実共に「光の年」へ跳躍
作成日
2011.03.29
ヒット
299
제목 없음

聯合ニュースによると、

光州に光基盤の融合・複合産業革新クラスターが本格的に造成される。

知識経済部は25日、光州テクノパークで崔重卿(チェ・ジュンギョン)長官と姜雲太(カン・ウンテ)光州市長らが出席したなか、光州研究開発特区の発足式を行った。

光州特区は、光州市・光山区と東区、北区および全羅南道・長城郡など18.7㎢に造成され、光基盤の融合・複合産業をはじめ、環境にやさしい自動車部品素材とスマートケア家電、次世代電池など4大特化分野を集中的に育成する。

崔長官は発足式後、光産業メーカーとの懇談会を開き、光州の光産業を積極的に支援することを約束した。また、上半期中にレーザーと光センサーなど有望な次世代光産業を育成するための別途の対策をまとめて発表すると明らかにした。

崔長官は、「光産業は従来の産業との融合・複合を通じ、韓国産業に新しい活力をもたらす」とし、「地方自治体と企業と共に、光産業が新成長動力として持続的に発展できるよう支援していきたい」と述べた。

知識経済部は今年、光州特区事業をはじめ、湖南圏に2700億ウォンを支援して地域経済に活気を取り戻すとともに、雇用を創出する方針だ。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.03.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。