本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、金型産業基盤造成に拍車
作成日
2011.04.26
ヒット
299
제목 없음

聯合ニュースによると、

光州市は知識経済部と「ハイテク金型センター構築事業」協約を締結し、光産業と自動車、家電産業の源泉となる金型産業のハイテク基盤造成を本格的に推進する。市が24日に明らかにした。

そのため、市は2013年まで322億ウォンを投じ、光山区・月田区にハイテク金型センターを建設し、研究開発と試験生産支援に必要な共同装備を整備する計画だ。

市はハイテク金型センターが設立されれば、精密加工分野の試作品生産や試験評価が可能となることから、様々な製品が生産できるほか、納品期間も短縮できるため、新規市場が創出できると期待している。

光州地域の金型業者は約300社で、昨年の内需は6855億ウォン、輸出は2464億ウォンなど総9319億ウォンの売上を上げた。

光州市関係者は、「ハイテク金型センターに大型試験生産装備と精密加工装備など高付加価値の金型開発基盤が構築され、海外輸出が増加すると期待される」とし、「2015年には昨年の売上高より1.5倍増えた1兆5000億ウォン規模に育成する計画だ」と述べた。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.04.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。