本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、米国でLED製品輸出MOU締結・・・5兆7000億ウォン規模
作成日
2011.04.29
ヒット
270
제목 없음

聯合ニュースによると、

姜雲太(カン・ウンテ)光州市長を団長とする光州市対米投資誘致団は米国で5兆7000億ウォン規模のLED(発光ダイオード)製品を輸出するための投資了解覚書(MOU)を締結した。

光州市が26日に明らかにしたところによると、対米投資誘致団は25日(現地時間)、米ロサンゼルスのオデッセイコンベンションホールで米全域に設置される屋外広告板の投光照明などを取り替えるプロジェクトを進めているワールドビジョンライトUSA、ワールドビジョン・コリアと了解覚書を締結し、5兆7000億ウォン規模のLED製品を輸出することにした。

これに伴い、ワールドビジョンライトUSAなどは向こう3年間、世界的放送・エンターテインメントグループであるCBS社が米全域で運営している350万ヶ所の屋外広告板の投光照明を従来のメタルハライドランプからLEDに取り替えるための数量を確保する。

米全域には約900万ヶ所の屋外広告板があり、そのうち39%に相当する350万ヶ所をCBSが運営している。

今回のMOU締結規模は、単一受注量としては過去最大であり、光州地域は今回を機に新しい活路を模索するものと見込まれる。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.04.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。