本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
都市環境サミット開催の光州、斬新な環境制度提案
作成日
2011.09.30
ヒット
247
제목 없음

聯合ニュースによると、

「2011年都市環境協定(UEA)光州サミット」(10月11日~同14日)を開催する光州市が「炭素バンク制度」を提唱し、同サミット期間中に世界9都市と同制度に関する相互協力覚書(MOU)を締結すると発表した。

同制度は光州市が提案した画期的な制度で、各家庭でエネルギーを節約し、削減した二酸化炭素(CO2)排出量に応じてポイントを与えるというもの。ポイントは現金と同じように買い物などに使用できるという。

相互協約は日本の富山市や大阪府堺市、米サンアントニオ市、フィリピン・イロイロ市のほかアフリカの諸都市などと締結予定。

これら都市の代表はUEA光州サミット開催中に、姜雲太(カン・ウンテ)光州市長と特別会談を行う。会談では覚書を締結。都市間の環境政策での協力やベンチマークの方法などについて意見を交わす。

同サミットの申光朝(シン・グヮンジョ)事務総長は「今回の制度が海外に輸出されれば、光州の環境先進都市としての地位は確固たるものになる」と話す。

原文記事

出所:聯合ニュース(2011.09.28)