本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
文化関連3社、光州に268億ウォンを投資
作成日
2012.01.12
ヒット
243
제목 없음

聯合ニュースによると、

有望な文化関連企業3社が光州に268億ウォンを投資することを決めた。

光州市は12日、市庁ビジネスルームでカン・ウンテ市長と(株)AceMe、(株)BNT Solution、(株)WMCの代表が参加した中で投資協約を締結した。

3社は今後3年間268億ウォンを投資することになる。雇用効果は400人に達すると見込まれる。

AceMeはマルチーメディアと映像、ホログラム、CDコンバージョンなど4つの特許を保有しており、特に2010年に米国現地法人のAce Picturesを設立して3Dコンバーティング事業を推進している。

BNT Solutionはウェブ3D技術を元にしたソフトウェア専門メーカーである。

WMCは数多くの広告と映像特殊効果(VFX)を製作した3D専門会社。

光州市の関係者は「150億ウォン規模のアジア文化産業投資組合ファンドを上半期に結成し、創造力と技術力はあるものの財政状況が厳しい企業を中心に投資誘致に積極的に取り組みたい」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.01.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。