本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州、国際会議誘致に全力
作成日
2012.04.04
ヒット
252
제목 없음

聯合ニュースによると、

光州市が大規模な国際会議の誘致を推進しており、結果が注目されている。

光州のカン・ウンテ市長は2日の幹部会議で、2014年国際灌漑排水委員会総会など5件の国際会議の誘致を推進していることを明らかにした。

排水委員会総会の他に推進している国際会議は、世界韓商大会、ユネスコ世界記録遺産審議委員会会議、国際デザイン連盟総会、世界水泳選手権大会など。

排水委員会総会は大田、ソウルと競争しているものの、光州が1次優先交渉都市に選定され、「20日までは決定される」とカン市長は紹介した。

同大会は100カ国の代表が参加する国際会議で、水に関する専門家が集まって治水と農業、食糧などの問題を取り扱う予定。

昨年には誘致に失敗した世界韓商大会も諦められない会議だ。

今年まで11回開催されてきた同大会は湖南地域でのみ一回も開催されておらず、競争力があると説明されている。

カン市長は、「1,000ヵ所の特級ホテルが必要なくらい大規模の大会で、ホテルが足りない場合は公務員が民宿でもさせなければならない」と意欲を見せている。

同大会は52日に開催地が決定される。

さらに、今月末に開催地が決まるユネスコ世界記録遺産審議委員会も意義深い会議だ。5.18民衆抗争の記録物がユネスコ世界記録遺産に登載されている。

世界有数のデザイナ約4,000人が集まる国際デザイン連盟総会は2015年に開催される予定。

カン市長は、「米国、ヨーロッパ、アフリカの3都市とともに光州が第1関門を通った」とし、「来年に最終開催都市として選定されると世界からデザイナーが集まり、秋に開催されるデザインビエンナーレと多大な相乗効果が期待される」と強調した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.04.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。