本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州・全南、5ヶ月連続で貿易収支黒字
作成日
2012.07.27
ヒット
251
제목 없음

聯合ニュースによると、

光州・全南地域の貿易収支が欧州金融危機などにもかかわらず、5ヶ月連続で黒字を記録したことがわかった。

光州本部税関が26日に「光州・全南地域における6月の貿易収支動向」を分析した結果、中東と東南アジア地域への輸出増加に支えられ、輸出475500万ドル、輸入455100万ドルで貿易収支は2400万ドルの黒字を記録した。

今年2月以降5ヶ月連続の貿易収支黒字であり、6月までの全体累積貿易収支は67600万ドルに達する。

光州地域の輸出は117300万ドル、輸入は4700万ドルで貿易収支は76600万ドルの黒字を記録し、全南地域の輸出は358200万ドル、輸入は414400万ドルで貿易収支は56200万ドルの赤字となった。

品目別に見ると、光州の輸出では半導体と自動車が増加した一方で家電製品やタイヤ、機械類と精密機器などは減少しており、輸入は半導体原材料の輸入を除いてほとんどが減少した。

全南地域の輸出は石油製品、鉄鋼製品、機械類と精密機器などは増加して化工品と船舶は減少しており、輸入は石炭と鉄鋼などが増加し、原油や石油製品、機械類と精密機器、化工品などは減少した。

主なFTA(自由貿易協定)締結地域のうち、米国に対しては光州が28千万ドルの黒字、全南は9200万ドルの黒字を記録した。EUに対しては光州が6200万ドルの黒字、全南は14千万ドルの赤字となった。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.07.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。