本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州市、3D融合産業のメッカ目指す
作成日
2012.11.23
ヒット
251
제목 없음

聨合ニュースによると、

光州市が3D融合産業フォーラムを開催するなど、3D融合産業のメッカを目指して歩き出した。

22日午後、光州科学交流協力センターで3D融合産業関連の企業、大学、関連機関の関係者が約200人出席した中で3D融合産業フォーラムが行われた。

光州市と3D融合産業主管機関の光州テクノパークは韓国光技術院、電子部品研究院、韓国電子通信研究院など9社の関係企業と相互協力の増進に向けた業務協約を締結した。

3D融合産業育成事業は今年から2017年まで計3266億ウォン(国費2451億ウォン、地方費333億ウォン、民間資金482億ウォン)を投入し、大邱・慶北龜尾と超広域圏連携協力事業として推進される大型国策事業。

3D融合事業は映画や放送などに限られていた3D技術を医療、ロボット、産業機器などにまで融合した高付加価値の産業だ。

光州市は537億ウォン(国費409億ウォン、地方費104億ウォン、民間資金22億ウォン)を投入し、光州市北区の先端科学産業団地内の光州テクノパークに「3D融合常用化支援センター」を新築する予定。

また、光州テクノパークを始めとする韓国光技術院、電子部品研究院、韓国電子通信研究院などを中心に地域の核心力量を結集する計画だ。

光州市のカン・ウンテ市長は「2017年にグローバルシェア7%、世界5位の目標を達成し、光州を3D融合産業のメッカに育成したい」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2012.11.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。