本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州の独自ブランド第1号LED照明製品、米国輸出へ
作成日
2012.12.28
ヒット
355
제목 없음

聨合ニュースによると、

光州の光産業跳躍に向けて推進してきたLED(発効ダイオード)照明製品の対米輸出プロジェクトが実を結んだ。

光州市は27日、平洞産業団地のサムジンL&D光州工場でLEDビルボード投光器300台、LED街路灯50台の米国輸出を記念する記念式を行った。

この製品は、光州市が光産業を育成するためにブランド化した「MIG(Made In Gwangju)」の第1号製品でもある。

他の自治体が発足した自体ブランドが低迷している中、今回の輸出がMIGブランド事業の発展可能性を判断する材料になると見られる。

光州市は限られた規模の国内市場を超えて海外市場に進出するため、米国、ロシア、欧州、東南アジアで積極的なセールズ活動を展開してきた。

市は「対米LED照明製品輸出TF(タスクフォース)」を組み、事業の推進状況を毎週1回以上点検するなど輸出を模索してきた。

光州市のある関係者は「国内最大の光産業関連研究・支援インフラが構築されているメリットを活用し、光州をグローバルな光産業クラスターに発展させていく」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2012.12.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。