本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州、昨年の輸出額は141億ドル 過去最高額
作成日
2013.01.23
ヒット
416
제목 없음

聨合ニュースによると、

中小企業の輸出競争力が強化

光州地域の昨年輸出額は1413500万ドルで、過去最高額を記録したことがわかった。

光州市が22日に発表した内容によると、昨年の光州地域の輸出額は1413500万ドルで対前年(133億ドル)比で6.0%増となった。

昨年の光州の輸出額は7つの特別・広域市の中で蔚山、ソウル、仁川に次ぐ4位を記録した。

品目別に見ると、自動車は498300万ドル(対前年比で4%)、半導体は293800万ドル(18%)、機械精密は181300万ドル(4%)、家電産業が194700万ドル(8%)、ゴムは134200万ドル(4%)となり、自動車と家電部門を除く全部門で成長が見られた。

光州市は輸出額が大邱と大田より23倍多く、輸出関係企業と人口がより多い釜山よりも55700万ドルが上回ったことを高く評価している。

市は今年の輸出目標を160億ドルに定め、中小企業に向けた5大政策(商品調査管理、海外市場調査、海外マーケティング強化、事後管理、広報活動)21件の施策を積極的に実践する計画。

カン・ウンテ市長は「前にはサムスン電子や起亜自動車、エムコなど大手企業の輸出シェアが95%に達していたものの、昨年は中小企業が自社ブランドで20%、大手企業への納品製品で20%を輸出するなど、中小企業の製品が40%を占めた。つまり、地域経済が堅調に成長したことを示している」と評価した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.01.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。