本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
中国から「Uターン」希望企業、光州に誘致する戦略が必要
作成日
2013.02.12
ヒット
239
제목 없음

聨合ニュースによると、

中国進出の韓国企業、12.5%Uターン希望

現地の生産環境の変化により、中国に進出した企業の一部が他の国へ移転を考慮している中、こうした企業を光州に誘致する戦略が求められるという意見が提示された。

光州発展研究院のチョ・インヒョン博士は最近発刊された月刊誌「フォーカス光州」に寄稿した文の中で、「低賃金に基づき中国で生産活動を展開している多くの企業は、賃金の上昇や低い生産性、隠れたコストなど生産費用の構造変化のため、他の国への移転を計画または考慮していることがわかった」とし、「特に、韓国企業の12.5%Uターン希望を示している」と明らかにした。

チョ博士は「Uターンを希望する企業を対象に投資誘致を行うべき」とし、「特に、光州・全南北地域から中国に進出した27社に関心を注ぐ必要がある」と話した。

チョ博士は「中国と光州間の生産コストの格差とUターンの需要を分析し、知識経済部、雇用労働部、国土海洋部、法務部、KOTRA、産業団地公団、韓国貿易保険公社など関係機関と協力ネットワークを構築しなければならない」と話した。

また、「光州市は産学研関係の専門家、法律専門家などが参加するUターン企業誘致の実務担当チームを構成し、Uターン企業に合わせた支援策を引き出すことで需要企業の信頼を確保しなければならない」と話した。

チョ博士は「投資誘致のカギは、適切な賃貸料または分譲価格で産業用地を供給すること」とし、「Uターン企業専用産業団地の造成または既存産業団地の一部をUターン企業専用用地に指定する方法を検討する必要がある」と主張した。

彼は「全南道との協力を通じ、ビックリン産業団地の一部をUターン企業専用産業団地に指定することができると見られる」と提案した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.02.09)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。