本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州の金型産業、売上1兆ウォン時代を切り開く
作成日
2013.04.04
ヒット
234
제목 없음

聨合ニュースによると、

光州地域の金型産業が昨年末を基点に売上1兆ウォン時代を迎えた。

光州市が3日に発表した内容によると、昨年末における光州地域の金型産業売上規模は1865億ウォンで、前年度の9,865億ウォンより10%程度が増加した。

昨年の輸出額は3,331億ウォンを記録し、前年度の2,927億ウォンに比べて12%の成長率を見せた。

こうして金型産業が成長したのは、地域企業が金型製作注文を共同受注し、地域企業間の行きすぎた競争を防ぎ、納期の短縮を実現したのが大きく影響したと見られる。

最新傾向となっている中大型と精密加工金型分野に積極的な投資を行い、高付加価値の金型製作に関する技術力を早期に引き上げたのも売上増加の一因として挙げられる。

実際、光州市は2008年に産業資源通商部と共同で118億ウォンを投入し、金型試験生産サービスを全国で初めて設立した。高価のプレス、射出機、測定器など36種の試験生産設備を整え、金型の設計製作に対する支援、試作、試作品の検査などを支援してきた。

また、2011年から計322億ウォンを投入して造成中の「ハイテク金型センター」が6月に完工予定となっており、センターが竣工されると地域金型企業の中大型と精密加工など高付加価値の金型製作能力がグレードアップすると期待される。

さらに、海外市場の拡大に向けたグローバルマーケティングへの積極的な取り組みも金型産業の発展に大きく寄与したと分析された。

光州市のある関係者は、「2015年に金型産業の売上高を15千億ウォンまで引き上げ、光州をグローバルな金型供給基地に育成していく計画」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.04.03)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。