本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州・全南、今年の輸出額「過去最大」の見通し
作成日
2013.07.23
ヒット
213
제목 없음

貿易協会光州全南本部、5941千万ドルと予想

光州・全南地域の輸出額が下半期に回復傾向となり、年間輸出額が過去最高を記録すると見られる。

韓国貿易協会光州全南地域本部が22日に発表した「2013年上半期における光州・全南の輸出入動向及び下半期見通し」報告書によると、今年の光州・全南地域の輸出額は自動車や半導体など地域の中心輸出品目の好調に支えられ、昨年より6.0%増の5941千万ドルとなる見通し。

今年上半期の輸出額は前年同期間比2.9%増の2863千万ドル、輸入額は7.7%減の2489千万ドルで、貿易収支は374千万ドルの黒字を記録した。

下半期の輸出額は前年同期間比9.1%増の3078千万ドル、輸入額は1.7%増の264億3千万ドルと見込まれた。

そのため、光州・全南地域の年間輸出額は前年比6.0%増の5941千万ドル、輸入額は3.1%減の5132千万ドルとなり、貿易収支は809千万ドルの黒字を記録すると予想される。

光州地域の輸出額は半導体メモリ分野で世界の需要増による半導体輸出好調の持続、地域内の自動車増産の合意による供給不安の解消などに影響され、前年より14.5%増の1618千万ドルを達成する見通し。

全南地域の輸出額は下半期から高付加価値船舶の輸出が本格化することで増加が見込まれる上、石油化学・石油製品の対中国輸出好調が続くと、前年より3.2%増の4323千万ドルを記録すると見込まれた。

韓国貿易協会光州全南地域本部のある関係者は、「上半期に光州・全南地域の輸出は、円安や米国の量的緩和縮小の可能性など様々なリスク要因にもかかわらず2.9%増加し、比較的良い成果を出した」とし、「下半期にも中心輸出分野で好調が続くと、過去最高の輸出額を達成できると見られる」と強調した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.07.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。