本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「飛躍」目指す光州国際映画祭
作成日
2013.08.19
ヒット
604
제목 없음

開幕式に大勢の海外ゲスト参加
小規模の予算、国費支援の糸口をつかむ

今年で13回目を迎える光州国際映画祭が「平和」をテーマに飛躍を目指している。

金大中ノーベル平和映画賞も3回目を迎え、民主・人権・平和都市にふさわしい平和映画祭に定着すると期待される。

光州国際映画祭組織委員会が11日に発表した内容によると、今年の映画祭は今月29日~92日の5日間、「ともに享受する平和」をテーマに24カ国から出品された92本の映画を上映する。

全体予算は昨年より3千万ウォン増の2億ウォンで、そのうち1千万ウォンの国費支援を受けた。

少ない予算であるものの、組織委員会では国費支援の「糸口」をつかんだことで大変喜んでいる。

組織委員会は今年の映画祭の成果に基づき、来年は国費支援がさらに増えると期待している。

グローバル俳優の開幕式出席にも注目が集まる。

「中国のソン・へギョ」といわれる林志玲(リン・チーリン)と約30人の海外映画関係者がレッドカーペットを歩く。

彼らの多くは自腹で映画祭に出席する上、レッドカーペットを歩くのも7年ぶりのため、組織委員会では今回の映画祭にかける期待がいつにも増して高い。

今年は「ドラマアワード」を新設し、ドラマまで映像コンテンツを拡大する計画。

昨年に続いて今年も北朝鮮映画を上映し、その収益の一部を寄託することで「平和」の意味をかみしめる計画。

一般の映画祭のような実験的な作品の代わり、家族ぐるみで観覧できるように80%程度をPG12の映画にしたのも注目される。

2001年に始まった光州国際映画祭は一時期、予算不足と運営問題で存続の危機に立たされたものの、民間中心の組織委員会が構成されて余喘を保っている。

組織委員会のチョン・ドンチェ執行委員長は、「少ない金額でも、政府からの支援を受けたことが重要」とし、「来年は韓・日・中合作映画の制作を推進し、政府の支援も拡大されるように努めていく」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.08.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。