本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
光州の輸出実績、特別市・広域市で唯一の二桁成長
作成日
2013.08.26
ヒット
215
제목 없음

7月末まで13.1%増 今年目標の160億ドル達成可能

光州地域の輸出実績が今年に入り、全国の特別市・広域市の中で唯一に二桁成長したことがわかった。

光州市が25日に発表した内容によると、今年に入って7月末まで光州地域の輸出実績は917600万ドルで、昨年(63億ドル)より13.1%増加した。

市のある関係者は、「他の特別市・広域市は一桁の成長に止まったものの、光州地域は半導体を中心に輸出が増加し、全国唯一の二桁の成長を達成した」と話した。

光州市はこうした流れを受け、今年掲げた輸出目標の160億ドルを順調に達成できると見込んでいる。

光州地域の過去輸出額は1986年に17千万ドルを記録し、河南工場が所在していた松亭市と光山郡が光州市に編入された1988年に10億ドルを突破した以来、1998年に20億ドル、2007年に100億ドルの輸出額を達成した。

その後、グローバル金融危機の影響で2009年には89億ドルまで落ち込んだものの、2010年には116億ドル、2011年に133億ドル、2012年は141億ドルなど徐々に輸出額が伸びつつある。

市のある関係者は、「金融危機以降、釜山地域の輸出実績は200995億ドルから2012136億ドルへ41億ドル(43%)が増加した一方、光州地域は200989億ドルから2012年に141億ドルとなり、58%も増加した」と話した。

この関係者は、「民選5(2010)に入り、消費都市から抜け出して輸出先導型の生産都市に様変わりするため、地域共同商標の「MIG(Made in Gwangju)」でグローバル市場に進出するなど、オーダーメード型の輸出支援策推進に取り組んだ結果」と分析した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.08.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。