本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
自動車100万台生産基地の造成事業に「追い風」
作成日
2013.09.12
ヒット
212
제목 없음

セヌリ党、「来年予算に研究調査費10億反映確定」

光州地域に対する朴槿惠(パク・クネ)大統領の代表公約だった自動車100万台生産基地造成事業に明るいシグナルが出始めた。

セヌリ党光州市党は10日、報道資料を通じて「企画財政部が来年度予算に自動車100万台生産基地造成事業の事前調査研究費10億ウォンを反映することが決まった」と明らかにした。

光州市党のイ・ジョンジェ委員長は9日、国会でセヌリ党の地域公約実践特別委員会に出席し、自動車100万台生産基地造成事業に対する政府の意志を確認した。

イ委員長は「この会議で、企画財政部のバン・ムンギュ予算室長から2014年度予算に自動車100万台生産基地及び親環境グリーンカークラスター支援事業に対する事前研究費の10億ウォンを反映することで確実な返事を受けた」とし、「セヌリ党地域公約実践特別委員会のチョン・ビョングク委員長も、自動車100万台生産基地造成事業は光州を代表する意味で実現すべきと、事前研究費の反映を積極的に支持した」と話した。

自動車100万台生産基地造成事業は来年から2018年まで推進し、13377億ウォンの総事業費が費やされる。

この事業は、自動車専用国家産業団地造成(5,730億ウォン)、環境にやさしいグリーンカークラスター造成(5,028億ウォン)、環境にやさしいグリーンカーの有望な技術構築(2,619億ウォン)など3件の事業に分けて推進される。

デジタルコンテンツクラスター造成事業の場合、来年度の予備妥当性調査の後に予算反映の有無を決定する。

また、光州川の生態系復元を図るための川辺区域再開発事業は光州市が行っている研究調査を通じて基本構想案を立て、南海岸鉄道高速化事業(光州-順天の電鉄化の早期着工)は来年度の予備妥当性調査に通った後から基本計画を策定する。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.09.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。